妊娠初期に必要な栄養素とおすすめの食べ物とは?

MENU

妊娠初期に必要な栄養素とおすすめの食べ物とは?

妊娠初期に摂取しておきたい食べ物を紹介しています。これから妊娠の予定のある方や現在妊娠中の方に参考にして頂けたらと思います。

 

妊娠初期に必要な栄養素

妊娠初期には積極的に摂取したい栄養素が多くあります。
ビタミンやミネラルなどの基本的な成分はもちろん、赤ちゃんの骨を作り出すカルシウムや妊婦さんの身体に良い鉄分なども必要です。

 

また、妊娠初期には、厚生労働省から推奨されている葉酸も積極的に摂取するようにしましょう。
葉酸が多く含まれている食材に、ほうれん草やブロッコリー、レバーなどがあります。
つわりが酷い時や体調が優れない時は、柔らかく消化の良いものを食べるようにして下さい。簡単に食べられて栄養が豊富なものなどがおすすめです。良質のたんぱく質、鉄、カルシウム、食物繊維を中心に、無理せず摂取するようにしてください。

 

妊娠初期におすすめの食べ物

妊娠初期には食べ物にも気を配る必要があります。
お母さんの身体だけでなく赤ちゃんの発育にも影響が出ることもあるため、摂取する食事に気を使うようにして下さい。
例えば、保存料や着色料、添加物などの含まれている食事を避け、自然食を中心にしたメニューにしても良いかと思います。

 

外食などをなるべく避けて健康食を意識してみて下さい。
妊娠初期におすすめの食べ物は、緑黄色野菜や大豆類、海藻類、きのこ類、バナナやヨーグルトなどがあります。
緑黄色野菜には葉酸が含まれている食材が多くあります。

 

妊娠初期に必要なビタミン、鉄分、カルシウム、食物繊維なども摂取することが可能です。
大豆類には赤ちゃんの成長、健康にも関わるたんぱく質が含まれています。食物繊維も含まれているので便秘対策にも役立ちます。

 

枝豆には葉酸も含まれています。納豆や豆腐、枝豆などがおすすめです。
海藻類にも妊娠初期に摂取したい栄養素が豊富です。
鉄分、カルシウム、食物繊維などが含まれています。

 

低カロリーで胃に負担がかからないため、つわりなどで体調が優れない時にもおすすめです。
きのこ類にも栄養成分が豊富に含まれています。
ビタミン、カリウム、鉄、亜鉛、食物繊維など妊婦さんの体調管理の助けになる成分が豊富です。
葉酸なども摂取することが出来ます。

 

また、玄米や胚芽米には、ビタミンやミネラル、カルシウムが豊富に含まれています。玄米は消化に時間がかかるとも言われているので、胃腸の調子の良い日に摂取するのが望ましいかと思います。
バナナには食物繊維が豊富です。妊娠中に避けたい便秘対策などにもなります。また、葉酸も含まれているため妊娠初期におすすめの食材です。

 

ヨーグルトにはカルシウムが多いので、赤ちゃんの発育にも良い影響があると考えられています。整腸作用もあります。妊娠初期には注意したい食べ物も幾つかあります。
刺身類(貝類も含む)などの生ものはなるべく摂取しないようにしましょう。菌や寄生虫などに気をつける必要があります。

 

また、塩分の摂り過ぎにも気をつけましょう。
塩分を摂り過ぎると高血圧や妊娠高血圧症候群などを引き起こしてしまうことがあります。
また、食中毒などには敏感に注意する必要があります。
リステリア食中毒の原因となる食品には、生ハムなどの生肉、肉や魚のパテ、魚介類の加工品、加熱殺菌なしのナチュラルチーズ、搾りたてで加熱処理なしの未殺菌乳などがあります。
野菜なども生食の場合はしっかりと水洗いして食べるようにして下さい。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

妊娠初期に食べておきたい食べ物や栄養素について紹介致しました。妊娠初期にはホルモンバランスも大きく変化し、妊婦さんの体調管理も難しい時期でもあります。
摂取しない方が良い食べ物も考慮しながら安全性を重視した食生活をするように心がけて下さい。